Dusting Wong
 
空間現代

 

開場 18:30 開演 19:00

料金 2,000円

*当日券は+500円

 
 

 

 

Dusting Wong
 
ハワイで生を受け、2歳の時に日本へと移住。
高校卒業までを日本で過ごし、大学進学のため再渡米。
エクスタティック・サンシャイン、ポニーテイルでの活動を経て、ソロとしてスリル・ジョッキーと契約。
足元に並べた多数のエフェクターを駆使し、ミニマルでカラフルなレイヤーを描き出していく万華鏡のごときギター・パフォーマンスは各所で話題となる。
日米をまたにかけ活動し、2012年は朝霧JAMへの出演、さらには盟友であるダーティー・プロジェクターズ(2012年)、ビーチ・ハウスのジャパン・ツアー(2013年)のオープニングもつとめた。
2013年5月には嶺川貴子との共作をリリースし、FUJI ROCK ’13に出演。
さらにソロ5作目となる『Mediation of Ecstatic Energy』をリリース。
2014年には嶺川貴子との共作2作目『Savage Imagination』を発表し、デュオでの約1ヶ月に渡る北米ツアーも行い、2015年には初の中国ツアーも慣行した。
2017年4月嶺川貴子とのデュオ3作目『Are Euphoria』を発表。

 
 
kukangendai_01

空間現代

編集・複製・反復・エラー的な発想で制作された楽曲を、
スリーピースバンドの形態で演奏。
これによるねじれ、 負荷が齎すユーモラスかつストイックなライブパフォーマンスを特徴とする。
2013年発表の劇団「地点」のブレヒト戯曲『ファッツァー』では音楽を担当。
生演奏で出演する京都での公演が好評を博し、モスクワ・北京でも上演を行う。
地点との共作第二弾として、マヤコフスキー戯曲『ミステリヤ・ブッフ』を2015年のF/Tにて上演。2016年9月、活動の拠点を東京から京都へ移し、
自らの運営するスタジオ/ライブハウス「外」を左京区・錦林車庫前で開始する。