村山政二朗|Seijiro Murayama
江崎將史|Masafumi Ezaki

 

開場 18:00 開演 18:30
予約 2,000円 当日 2,500円
*学生証提示で予約・当日ともに1,500円

 

 
 

 
 

村山政二朗|Seijiro Murayama
 
打楽器と声を用いるインプロヴァイザー。エレクトロ・アコースティックならびインプロヴィゼーションのための作曲も行う。
フランスを活動起点とし、様々な分野(ダンス、ヴィジュアルアート、演劇)のアーティストとコラボレート。
音関係では Jean-Luc Guionnet, Eric La Casa, Axel Dörner, Klaus Filipらと長年にわたり共同作業を続けている。
2016年京都、ヴィラ九条山にレジデントとして滞在。

https://urojiise.wixsite.com/seijiromurayama

 
 

江崎將史|Masafumi Ezaki
 
音を伴う行為、作曲、 身の周りのもの、トランペット。
トランペットは独自の奏法を多数開発。 ソロのほか国内外の多くのミュージシャンとセッション、録音を重ねる。
作曲活動は 事の音への変換、ゲーム、図形、などによるものがある。
オセロを使用した作品が含まれるCDに「Othello/3 Minutes」/Slub Music/SMCD 14/2008/ がある。
近年は炭酸ソロ、図鑑朗読、テントソロ、トレイソロ、暮らしの手帖(日常品のサウンドテスト)などの”博物学的”パフォーマンスのシリーズを行っている。最新パフォーマンスは「家鳴りを聴く会」、「OPP袋を全部広げる」。
他に動きを伴い空き瓶を吹奏のアキビンオオケストラを主宰。
popo/HOSE/Black&Mountain/対極/ omm-pah/音遊びの会などでの活動。 グラタンカーニバルのサポートメンバー。
企画「月刊」、「別冊」、の編集長。各地の海岸で採取の石を売る。

http://ezm333.blog42.fc2.com/