FATHER
Zero Years Kid

 

開場 18:30 開演 19:00
予約 2,000円 当日 2,500円
*学生証提示で予約・当日ともに1,500円
 

当イベントは開催予定です。
受付にてアルコール消毒とマスクを用意いたしますのでご利用ください。
体調のすぐれない方、軽い風邪症状(微熱、咽頭痛、咳など)のある方は、無理をせず自宅にてご静養ください。
当日券でもご来場いただけますが、今後の状況により緊急で中止・延期の場合はご連絡いたしますので、ご来場予定の方は下記よりぜひご予約をお願いいたします。

 
WEB予約

 

外のオープン記念月間にも出演してくれた音楽家の服部峻くんが、
「東京の友達でいまライブ始めたばかりなのですがとにかくめっちゃよくて周りがザワついてる人がいます」と教えてくれた「FATHER」の初関西ライブです。
そして、昨年にFATHERとヨーロッパツアーを一緒にまわったハン・ベニンクtrioなどでも活動するJoachim Badenhorstの新たなプロジェクト「Zero Years Kid」がベルギーより来日します!
FATHERは、2019年に活動を始めたばかりで、まだライブ数回とのことですが、服部くん以外にも各方面から絶賛の声が届いています。関西でのライブはまだ貴重な機会ですので、体調のよい方は是非!


 
 

 
 

FATHER

2019年始動
秩序と無秩序を行き来する根源的な音楽体験を目的とし
電子音・声を使った演奏やソロドラム演奏などと不定形かつ流動的な音楽プロジェクト
2019年ヨーロッパ5都市を巡るツアーを行う
 
https://www.instagram.com/father_info/
https://twitter.com/info_father

 
 

Zero Years Kid

Zero Years Kid is the new project of Belgian reed player Joachim Badenhorst. He has been active on the European and US experimental jazz-scenes for over ten years, playing in settings ranging from Solo to his Octet Carate Urio Orchestra. Having performed with musicians like Marc Ribot, Dave Douglas, John Butcher, Noël Akchoté and being a member of the Han Bennink trio, Badenhorst now started Zero Years Kid as an outing for his slumbering pop and r&b side. In Zero Years Kid he sings or raps in his native Flemish tongue, while mixing spastic beats and playing some soulful clarinet lines. Zero Years Kid debut album ‘Ongerijmde Rijmen’ was released on the Eotrax label in 2019. Zero Years Kid has toured in Belgium, Holland and Poland.
 
https://eotrax.bandcamp.com/album/ongerijmde-rijmen