Kuang Program
山本精一
空間現代
DJ: whatman

 
開場/開演 18:00
予約 2,500円 当日 3,000円
WEB予約
 
 
2012年から、ソウルのアンダーグラウンド・シーンで最も大胆な音楽を作っている2人組のバンドKuang Programが今年6月、初の日本ツアーを行う。
共演には山本精一によるソロセット、小休止を経て7月より活動を再開する外主宰の空間現代。DJにwhatmanを迎えます。本ツアーの企画は日韓の地下に眠っていたものを次々に繋げてきたパク・ダハム氏によるもの。

 
 
 

Kuang Program
 
韓国のソウルを拠点に活動するTaehyun Choi(ギター/ボーカル/プロデューサー)とKyungsoo Seo(ドラム、2019年〜)で構成された2人組ロックバンド。韓国で最も大胆な音楽スタイルで、ハードコア、エレクトロニック、インディー ポップ、ラップからノイズに至るさまざまなジャンルの音楽のタペストリーを持っている。「ロック バンド」として、ロック文化に対する美的および文化的反応を探求し、音楽と音響を通じてそれを伝えることだと思う彼らの音楽には、丁寧に磨き上げられた歌詞と繰り出される即興演奏によって、過酷な都市生活に内在する憎しみと愛を描いているそのもの。バンドの『You or Me』(2013年)はアンダーグラウンドの仲間たちから「いわゆる『韓国』音楽に対する私たちの理解、そして時には誤解を新たに定義する画期的な作品」と称賛され、『Closed Eyes』(2016年)は次のように評された。 「非商業的なポピュラー音楽からアマチュア的で実験的な音楽への退化を、可能な限り最も憂鬱だが刺激的な方法で表現する音楽」。 バンドは、サードアルバム『There is No More Snow on the Television』(LP/ヴァイナル、2021年、Helicopter Records)をリリースした。
 
http://www.kuangprogram.net/