Li Yilei
Kazumichi Komatsu
reisen / Itsuhiro Osawa

 
開場 18:00 開演 19:00
予約 2,500円 当日 3,000円
※23歳以下500円引き
WEB予約
 
 
中国出身でロンドンを拠点に活動するサウンドアーティスト/作曲家、Li Yileiの来日ツアーを開催します。Liの音楽は、自身の持つ自閉症スペクトラム、共感覚、選択的緘黙症に強く影響されており、この個人的な背景は、音と環境の関係を探る上で重要な要素となっています。李はテープ、テルミン、弦楽器、フィールドレコーディング、自作楽器などや、従来の楽器の代替的使用法によって、静けさとアンビエンスを喚起する作品/パフォーマンスを続けています。
2017年以降、Li Yileiは国際的に活動しており、ロンドンのBarbican Centre、Café Oto、ESEA Contemporary (Manchester)、大館コンテンポラリー(香港)、UCCA現代美術センター(北京)などで作品を発表、今回が初の来日ツアーとなります。

 
 
 

Li Yilei
 
ロンドンを拠点に活動する中国人作曲家/サウンドアーティスト。
李の作品は、聴覚の新しいモードを探求し、存在の儚さや暗黙の知識を反映しています。音、ファウンドオブジェクト、動き、テキスト、実験的なスコアを取り入れた李の芸術は、個人と環境との偶然の出会いを強調し、静かな状態や訓練を受けていない声に焦点を当てています。
李亦蕾のアートプロセスは、バイオリンとピアノの音楽教育といった背景や、李自身が抱える自閉症スペクトラムと共感覚、選択的緘黙症という個人的な経験に強く影響されています。この個人的な背景は、音と環境の関係を探る上で重要な要素となっています。李はクラシック音楽のヨーロッパ中心主義的な形式を拒否したことから、テープ、テルミン、弦楽器、フィールドレコーディング、自作楽器などや、従来の楽器の代替的使用法によって、静けさとアンビエンスを喚起する作品/パフォーマンスを続けています。
2017年以降、李亦蕾は国際的に活動しており、ロンドンのBarbican Centre、Café Oto、ESEA Contemporary (Manchester)、大館コンテンポラリー(香港)、UCCA現代美術センター(北京)などで作品を発表しています。
最近のプロジェクトとしては、伝統的な中国の楽器とアナログシンセを組み合わせ、現代性と伝統美学のバランスを取ったアルバム『OF』、今年リリースされた最新アルバム『NONAGE』は、懐かしい中国のテレビ番組や機械的なおもちゃ、さまざまなアコースティックおよび電子楽器からサンプリングした音のタペストリーを通じて、子供時代の記憶を探求しています。
 
https://liyilei.bandcamp.com/
https://www.instagram.com/li_yi_lei_/